■風俗情報:デリヘルの利用はやはりホテルが無難

"風俗を利用したことのある男性の中には、法外な利用料金を請求されたなどの被害に遭った人もいることでしょう。
多くの風俗は完全合法で営業をしているので心配はありませんが、中には違法行為をしている風俗もあるので注意が必要です。
デリヘルにはプレイルームが無いのでプレイ場所はご自身で用意する必要があります。
つまり客の自宅またはホテルでプレイをすることとなるので、周囲を気にする事無くゆっくりとプレイに集中出来ます。

 

ホテルを利用する場合には、先に男性がホテルにチェックインをして待っていることとなります。
そして自宅の場合には当然ホテル代などは発生しませんが、個人情報を業者に知られてしまうというデメリットがあります。デリヘルの届出は無店舗型性風俗特殊営業としてしっかりと申請をしているので決して違法行為ではありません。
しかし中には申請をしないで営業をしている悪徳業者もあるのでご注意ください。"



■風俗情報:デリヘルの利用はやはりホテルが無難ブログ:20/05/26

「ありがとう」
と何度もお父さんから言われて終わった
20年ぶりのお父さんと子供の日帰り旅行。

嬉しいとかよりもまず、
「やり終えた」と言う気持ちが
一番にこみ上げてきました。

この旅行は絶対にありえないと思っていたし、
しかもお父さんから誘ってきたのではなく
ぼくの方からお父さんを誘ったのでした。

お父さんが仕事を完全に辞めたのが去年の秋。
それ以降、目標を失ったように家にこもる連日。

以前は「100歳まで生きるんや!」と言っていたのに
最近では
「ママ(おばあちゃん)があっちで呼んでいる」と言い出す始末。

毎晩、飲んでいたお酒も飲まなくなったし…

そんなお父さんを見てるとふっと思う。
「この人の楽しみって何?
50年近くまじめに働くだけで、家では大事に扱われてないし、
仕事やめて自由があるのに逆にふさぎこんでしまう人生って…」

…そんな複雑な思いを抱いての
車で2人きりの日帰り旅行。

しかし似ている。似すぎている。
あれだけ否定していたお父さんに…

よく考えると趣味もお父さんゆずり。
旅行、格闘技、お酒、歴史など、
すべてお父さんが好きなものがぼくの好み。

結局、ぼくがここまで
お父さんに近づけたのは
すごくありふれた答えかもしれないけど、
「あきらめなかったこと」かもしれない。

人それぞれだけど、
ぼくがお父さんに近づこうと思って
少しずつ行動をはじめたのが4年前から…

ぼくの気持ちを
全然わかってくれないことがずっと続いたこともあったし、
何度も怒られたこともあったし…

でも行動をし続けることで、
こちらの変化にも気づいてくれたし、
お父さん自身も素直になれてきたのかもしれない。

あきらめなければきっと物事はかなうはず…
周りの幸せと自分の幸せのために
さらにぼくは行動していきます。